このブログでは管理人ハゲ坊主がチャップアップやイクオスの育毛剤とサプリメントを毎日使用して効果があるのかを検証します。期間は3ヶ月を予定。今後は他の育毛剤も試す予定です。

チャップアップ&イクオス効果徹底検証ブログ 30代ハゲ坊主の育毛奮闘記

テストステロン筋トレ書籍2冊
スカルプローションREDEN(リデン)

未分類

ハゲ薄毛に筋トレ(無酸素運動)は敵、ランニング(有酸素運動)は味方なのか?

更新日:

ふと、育毛に筋トレやランニングは影響があるのか考えてみました。

私自身、筋トレやランニングとは付き合いが長いので改めて振り返ってみます。

ちなみに私の場合、筋トレにハマっている時期と、ランニングにハマっている時期とでは薄毛の進行に違いがありました。

 

 

薄毛進行は筋トレが原因?

 

筋トレに熱中した20代前半

私は現在30代半ばですが、薄毛が1番進行したのは最近になって、ではなく実は20代前半の頃なんです。

20代前半で薄毛を気にする人はあまりいないかと思います。

今思えば、この頃の生活で薄毛に影響ありそうなもので、1番気になったのが過度な「筋トレ」ですね。

 

他にも食事に関しては、脂っこい料理やカップ麺、ポテトチップスなど結構食べてましたけど。

ただ野菜や果物、乳製品、プロテインなど栄養のあるものも摂ってはいましたが。

この頃は何でもかんでも食べてましたね(笑)

タバコとお酒だけは全く口にしていませんでしたが。

 

そして、ボディビルダーを目指していたわけではありませんが、かなりストイックに筋トレをやっていました。

ほぼ毎日ジムに通ってましたし。

脚とかまともに動けなくなるくらい追い込んでいました。

脚は10日間くらい筋肉痛ってこともありましたね。。

思い出すだけでも、あそこまではもう2度とやりたくないなと思いますね。

この激しい筋トレをしていた時期に薄毛が結構進行しました。

 

ボディビルダーでもハゲない人はハゲない

筋トレをすると男性ホルモンの分泌量が増えます。

その中にあるテストステロンというホルモンが髪の成長にはあまりよくないとのこと。

ただ男性ホルモンの量が増えても薄毛の影響をほとんど受けない人もいます。

私はおそらく筋トレの影響を受けやすいタイプのはずです。

薄毛の方で筋トレをしている人は、薄毛の原因が筋トレであることも考えられますね。

 

でも、地獄のような筋トレをしてもハゲない人はハゲないですけどね。

日本人のボディビルダーで、トップレベルの人を見ても髪フサフサの人の方が多いですしね。

筋トレに関しては薄毛の影響を受けやすい人と、全く影響を受けない人がいます。

薄毛にはAGA(男性型脱毛症)が大きく関係しています。

 

今現在も筋トレ継続中

ちなみに20代後半からは筋トレの量や負荷自体は減りました。

今でも当時ほどガッツリやっていませんが、筋トレは続けています。

それでも「限界まで」とかではなく、「結構」~「かなり」きついレベルまでしか追い込みません。

クタクタになる一歩手前で止めています。

 

髪か筋トレだったら、迷わず筋トレを選ぶ理由

仮に薄毛の原因が筋トレだったとしても、私は筋トレを止めません。

髪か筋トレのどちらかしか選べないと言われたら、迷わず「筋トレ」を選びますね。

理由は単純で、筋トレは健康効果が高いからです。持論ですが。(やりすぎは除く)

筋トレやってる人なら分かると思うけど。

ボディビルダーみたいに限界まで追い込むレベルまでやると、話は変わってきますが。

 

極端な話、「髪か健康か」と言われたら普通健康でしょ!?違う?

髪がなくても何とかなりますが、健康じゃなかったら毎日しんどいですよ?

なんでこんなに自信を持って言えるのかというと、実際私が健康だからです。

健康もそうなんですが、筋トレやランニングしてると毎日めっちゃパワフルになりますよ。

体力・気力ともに充実していて、尚且つ疲れ知らずだし。

 

筋トレって単純に筋肉が付くだけじゃないんです。

気力充実、代謝アップ、血行促進、免疫力アップ、脳力アップ、骨は強くなる、美肌効果、若返り効果。。。

まだまだ挙げればキリがありませんが、細かいの入れると一石百鳥くらいあるんじゃないかな。

失うのは少々の時間とお金くらいでしょ。

どちらも自分への投資と思えばね。

あ、人によっては髪も失うか。私みたいに(笑)

 

髪は自信ありませんが、健康や体力に関しては人一倍自信があります。

簡単なプロフィールを見てもらうだけでも何となく分かるかと思いますが。

自分で言うのもなんですが、ある意味クソ真面目ですからね、私。髪薄いけど(笑)

しかも、育毛剤が効くと分かれば、もはや筋トレを止める理由は見当たらないですね。

 

とりあえず筋トレはやっておいた方がいいよ

ただ筋トレはマジでやった方がいい、としか言えない。

「マジ」ってのは「死ぬ気で」という意味ではないですからね。

「やるかやらないかなら」、という意味です。

 

負荷が軽すぎるのもどうかと思いますが、やりすぎも返って身体によくないですからね。

活性酸素が大量に発生したりで。

上記でも書きましたが、結構~かなりキツイくらいまでのレベルでしたら最高ですね。

限界まで追い込んで動けなくなるとか、痙攣するとか、気持ち悪くなるレベルまではやらなくてよいかと思います。

あくまでも私の経験談ですが。

 

筋トレに少しでも興味がある方は、Testosterone著の下記の本とか読むと少しは考えが変わるかと思います。

そう言えば、欧米人って筋トレ人口多いけど、ハゲや薄毛も多いですよね。

やっぱ筋トレと薄毛は多少は関係あるのかな。

 

 

 

 

ランニングは薄毛予防に効果あり!?

 

筋トレとランニングの両立

20代後半になってからは筋トレが少し減って、その分逆にランニングの量が増えました。

ランニングにハマって、筋トレの量が減ったとも言えます。

ランニングも100m全力ダッシュとかすればちょっとした筋トレになりますけど。

長距離を速く走れるようになるのに、脚や腹筋背筋はともかく、腕や胸の筋肉ってあまり必要ないんですよね。

10代半ば~20代半ばの頃もたまに走っていましたが、約10年間で平均週1、2回走っていたくらいです。

ここ5年ほどはほぼ毎日1日平均10kmくらい走っています。

 

ランニングで薄毛予防できても改善はされない!?

ランニングは筋トレと違って有酸素運動ですし、薄毛進行にはあまり影響はないかと思います。

実際、ランニングが日課となったここ5年ほどは薄毛はほとんど進行していませんしね。

かと言って、薄毛が改善されたわけでもありません。

ランニングをして身体や頭の血行が促進されても、薄毛は予防はできても改善されるほどではないんでしょうね。

 

ちなみにランニングが日課になってから体重は5kgほど落ちました。

その他に食生活の影響もありますが。

脂肪だけでなく、筋肉も多少は落ちてるはずです。

痩せたことが薄毛進行予防に関係しているのかは不明です。

デブでもハゲない人はハゲないし、痩せててもハゲる人はハゲるからそんなに関係ないと思うけど。

 

ランニングや大豆製品はDHT抑制効果あり

ただランニングなどの有酸素運動は、

DHT(ジヒドロテストステロン)という薄毛・抜け毛の原因となる悪玉男性ホルモンを抑制する働きがあるようです。

ここ5年ほど私の薄毛の進行がかなり緩やかであったのは、ランニングの影響である可能性も大いに考えられますね。

 

あとは大豆製品の豆乳や納豆に含まれるイソフラボンという成分にもDHTを抑制する働きがあります。

考えてみたら豆乳も納豆も味噌汁なんかも、ここ5年くらいで利用する量はかなり増えましたね。

特に最近はなおさら。

何となく健康のためにと、あまり大きく考えていませんでしたが。

そうなると食事や栄養管理の面もあながち侮れないかもしれませんね。

 

ちなみに4月まで私が使用していたチャップアップと、現在使用しているイクオスには共にDHTを抑制する成分が含まれています。

 

結論

で、今も筋トレは続けているのですが、その今はどうなのかというと薄毛は改善されてきていますね。

完全にチャップアップやイクオスの育毛剤の効果であることは言うまでもありません。

なので、「ハードな筋トレをしていても、チャップアップなどの育毛剤は効く人には効きます!」と言いたいです。

私が証拠です。

 

チャップアップ公式サイトはこちら

モンドセレクション金賞受賞 チャップアップ

 

 

イクオス公式サイトはこちら

イクオス

 

-未分類

Copyright© チャップアップ&イクオス効果徹底検証ブログ 30代ハゲ坊主の育毛奮闘記 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.